亡国の美奈姫·5

亡国の美奈姫·5
亡国の美奈姫·5Name亡国の美奈姫·5
Type (Ingame)任務アイテム
FamilyBook, 亡国の美奈姫
RarityRaritystrRaritystrRaritystrRaritystr
Description「あなたを犠牲にしてまで救う世界は、崩壊してもいい。」
世界の中心にある空の塔、二人の物語は終わりを迎えようとしている…のか?

Item Story

「私は世界を救うことに決めた!」
美奈姫はそう言った。
「だから言っただろう、世界を救うなんてありえない。俺みたいなバカ共が何回試したかは分からないが、この世界は壊れていく定めなんだ。」
「そんなこと知らないわ、私は姫よ。姫は世界を救うものでしょ?」
「いや、そんな設定は聞いたことがない。それに、俺の知る限り、お前は破滅をもたらす姫だろ。」
「誰かが言ったじゃない、破滅も新たな始まりだって。」
「どこからそんなことを聞いたのかは知らないが、その設定は古すぎだ。もし誰かがそんな物語を作ろうものなら、さっさと常夜国に捨てた方がいいだろう。」
(耳を塞ぐ)

空の塔の頂上で、武士と姫は傍若無人に、その無意味な会話を続けている。
そうは言っても、実はその場には陰陽師の恰好をした人が数人いた。
「お前たちの知っての通り、奈苦羅の術は最初、衰亡していく世界の中の生命力を保存するために使われていた。」
この会話にもう耐えきれなかったのかもしれない、ストーリーを急ぎで進めるNPCのように、そこにいた最年長の陰陽師はやっと口を開いた。
「その保存された生命力を使うことができるのは……」

「だから、その考えを捨ててくれないか?」
武士は何も聞こえなかったかのように、長者の話を耳にしなかった。
この茶番はいつになれば終わるのだろう?

Leave a Reply

Your email address will not be published.

TopButton