Return to db

Domains

Artifacts
仲夏の庭園
上古の文明の破滅と共に、かつて雄大な夏宮の園も地下に埋められている。まだ過去の光景を覚えているのは、中の古樹やレンガだけだろう…
銘記の谷
その後の一時期、大地の人が過去を失った。彼たちは地下へと探し、とっくに忘れられたものを探そうとした。古樹の樹洞の向こう、過去の秘密が宝物になっている。
孤雲凌霄の処
かつて人類を導くという妄念と嗟嘆がここに集まった。孤雲に身を置き、凌霄の志があるが、今は洞窟の中で後悔を吐き出すことしかできない。
無妄引責密宮
ある秘法は八つの扉から一つを隠し、邪悪の道を断つことができる。昔、ここでその秘法を使い、妖魔を閉じ込めた人がいるようだ。外にある七本の柱はまさに七つの扉で、中には邪悪な螭が封印されている。
華池岩岫
奥蔵山はその名の通り、奥が深い。ここにある池を見ると、普通に綺麗な景色に見えるが、実は中に岩の洞窟があり、それが天上につながっていて、白い雲を吐き出す。「白雲、岫を出ず」——という名の由来はこれではないが。
フィンドニールの頂上
その昔、この山は緑に覆われていた。今や雪に埋もれた都にも、誇れる名前があった。天をも凍らす寒天の釘が降り、過去に空を仰いでいた祭場も、今となっては空の音さえ聞こえない。
山脊の見守り
山脊のスタート地点に立ち、境界標が南と北、山岳と湿原を眺める太古の廃墟。心の中に消えない炎を持つ人にのみ扉が開かれ、祝福と地位をもたらす。
紅葉ノ庭
時間は紅葉が落ちた一瞬に止まったような借景の庭。失った因縁も、忘れられない愛執も、大地の中の脈絡に従って、庭の白の木の実になるだろう。
熟眠ノ庭
セイライ島に今の名前が付けられ、雷色に染められる前に、ここで静かに眠りについた庭園。その中の景色も変わることは永遠にないだろう。
山間幽谷
古代の祭場は、大昔に天と地を引き裂いた災いによって地下に埋もれ、異物の落下によって再び隆起の状態になり、最終的には親友の裏切りによる殺し合いの破壊によって、姿を現した。ただ、かつてここに出入りしていた人たちは、もうとっくにいなくなっている。
Weapon Ascension Materials
セシリアの苗床
星空に近い崖のみに生長するセシリアの花も、数年前からここの温室で育てられるようになった。かつてセシリアの花と共にあった文明は徹底的に失われ、白玉のような花の海も消えていった。
震雷連山密宮
言い伝えによると、謎の運動により、山腹の中に無限の雷が発生するようになり、秘境の前にいると、魂を呼ぶ雷鳴が聞こえるらしい。
砂流ノ庭
伝説によると、書物の中ですでに滅びた宇宙の始まりに、ある暗君が万古の流砂の上に、白の神樹を崇めるための庭を建ろうとしていた。今の砂の国は死んだような静寂に包まれているが、過去の執着がまだその中に彷徨っているようだ。
Talent Level-Up Material
忘却の峡谷
遥か昔、悩み事があると人々は谷に入り、祭壇の上にある古樹に秘密を聞かせることで、負担を軽くしようとした。忘却の峡谷の中には人々に忘れられた秘密が溢れている。
太山府
かつて仙道の試練には天に昇り、地に降りる必要で、太山府はまさに「地」の試練の一つである。今、仙人の跡が人間界から消え、太山府は普通の宝蔵庫となった。
菫色ノ庭
遥か昔、高山は空より高く、大地は天穹より大きかった。それは明鏡が割れ、海水が上昇したまでのことだそうだ。伝説の中で、太古の櫻の庭がそれで他の島とが切り離された。
Trounce Domains
風龍廃墟に入る
高くてボロボロの塔は声無きに過去の悲しみを訴える。思い出と風の咆哮と共に訴える…
「黄金屋」に入る
璃月を覆っていた暗雲は消え、この地を脅かしていた陰謀も七星、仙人、そして君によって阻止することができた。
しかし黄金屋の奥深くで、ファデュイの「公子」と戦った記憶が再び鮮明に甦った。
記憶の中でこの戦闘をもう一度経験すれば、何か新しい収穫を得られるかもしれない…
「伏龍の木」の底
長い歳月の間、棺桶のように若陀龍王を禁錮した地心の岩床。
鳴神島·天守
稲妻を主宰する雷電将軍の住処。
「御前試合」を行うには最適な場所でもある。
夢想楽土の結末
かつて、夢を乗せた無数の花びらは風に散り、その願いを叶えることができなかった。ここは永遠の始まりであり、「彼女」の終わりでもある。
Spiral Abyss
深境螺旋
伝説では、天空の島と繋ぐ人は神の目の中で——幻視の中で見た天に繋ぐ階段も螺旋の形をしている。我々が宇宙に行っても、深淵に落ちても、変わりはない。皆、未知の暗闇なのだから。
One-Clear Domains
西風の鷹の神殿
かつて、この遺跡は四風守護者の一つである、慈愛を象徴する西風の鷹を祀る堂舎であった。過ぎ去った過去の風と共に千年に渡って風立ちの地を見守り続けてきた。
北風の狼の神殿
かつて、ここは四風守護者の一つである北風の狼を祀る堂舎であったが、今は魔物に占領されている。それでも狼の魂はどこかでモンドを見守っているらしい。
南風の獅子の神殿
かつて、人々がここで南風の獅子を祀っていたが、今は廃墟となった。伝説によれば、風に乗ってモンド大地に生息する蒲公英は南風の獅子の恩恵を示すものらしい。
鷹の門
誇り高き鷹でも、崇高な魂でも孤高を持する。鷹のように世間を見渡す人であればであるほど、涅槃寂静の境地に達するらしい。
墟散人離の処
ここに来る者の多くは秘宝のためだ。かつて繁盛した集落もボロボロになった壁しか残っていない。出会いの数だけ、別れもある。
華清帰蔵密宮
普通の清らかな池に見えるが、その下には人の正気を乱すような宝物が埋められているらしい。しかしその謎を解ける者はもうそう残っていない。
曲径通幽の処
ここに秘宝があると宝盗団はとうに把握したが、詳しい場所は発見できなかった。執着があるほど、ほしいものを手に入らないのだ。
借景ノ館
古代俗世間から離れた武人が、大地の隅に世外の光景で、華麗な邸宅を建てたそうだ。後日、その中で白紙のように気が狂った傾奇者が見つかった。
千門の虚舟
かつて、孤舟のように海に浮かんでいる天狗の館は、あの時少々名の知れた「影向役者三人衆」が訪れたこともある。その後、そこは意気消沈した彼らが余生を無駄に過ごしていた檻となって、海底に沈んだ。
池の中にある邸宅
月光が特に明るかった頃、この場所にはまだ海水が流れ込んでおらず、邸宅の入り口も封鎖されてはいなかった。その昔、井戸には月光が水銀のように満ちていたらしい。
陣代屋敷
昔はオロバシノミコトの部下が所有していた屋亭。彼の生涯の最期に、彼自身と神骸や空が一本の稲妻に断ち切られた。
モシリの殻
何者かによって、霧海の外に建てられた邸宅。今は外界より訪れし狼の群れが占領し、思い出を食い荒らしているようだ。
Event Domains
風来の剣闘奇譚
深淵の大地に潜む純粋な無相元素。刀剣、風音、雷鳴、動地による楽章を奏でよう。
メルヒェンランド
「メルヒェンランド」の入り口は特定の時間のみに現れ、来訪者はランダム3種類の挑戦と強力な相手との対決を受ける必要がある。
この秘境の根源を追うことはもうできない。しかしこれがどこのものであろうと、人々を魅了する楽しさに変わりはない。
暗影が蠢く地
秘境の中、地脈の実のエネルギーの刺激により形成した、挑戦フィールドを侵食する「プラズマの力場」。プラズマの力場中にいる時、雷撃を受ける。
氷霜が蝕む地
ヒルチャール·霜鎧の王と手下たちは秘境の中に潜んでいる。卑しい従者たちはどんな手を使ってでも、ボスを守りに来るだろう。
ヴィシャップが眠る洞窟
地脈の砕実を蝕んだヴィシャップの群れがこの秘境を占拠した。倒されると、ヴィシャップが消化した地脈の砕実は、爆発しやすい「高エネルギーの晶核」と変化する…
歪曲幽域
地脈の砕実がもたらす力により、秘境はねじ曲がり、不穏な罠が張り巡らされ、強敵が蔓延るようになった。最深部へと到達するには、地脈の実の力を借りなければならないだろう…
「黄金屋」に入る
真実を辿っていった末、渦の中心にたどり着いた。
黄金の中で待っていたのは…
風来の剣闘奇譚
深き秘境には、強敵が眠っている。恐れを知らない風来坊の威勢で、自分だけの剣劇を演じよ。
機巧陣界
異様な痕跡は最後の秘境を指し示している。そこにはかつてないほど強大な遺跡機械が鎮座し、古代の装置と共鳴をしていた!「恒常からくり陣形」が分裂するたびに、「雷災の磐座」または「雷兆の凝晶」がいくつか秘境に出現し、さまざまな戦局の変化と勝機をもたらす!
戦闘を有利に進める効果を上手く利用し、敵を打ち倒そう!
百人一揆·会場
稲妻城の近くにある神秘的な扉、人知れぬ秘密の会場へ繋がる。
その中に、闘争を求める戦士も、好戦的な魔物も受け入れられる乱闘大会·百人一揆が開催されているようだ。
訣籙陰陽寮
神秘的で予測不能な「訣籙陰陽寮」の扉が静かに開かれた。その中に幽閉されし魔物は、かつてないほどの凶暴性を秘めている。しかし、真実を追い求め、武術を磨く者にとって、かけがえのない試練の地となるであろう…
廃れた古屋
影狼丸の後をついて、ある建物のに辿り着いた。
みんなに気づかれないうちに、影狼丸は建物内へと駆け込む。手がかりもそれで途切れてしまった。
調査を続けるため、その中を探索するしか方法はないだろう…
詭境
突如大地に現れた、危険と挑戦に満ちた奇妙な秘境。勇敢な武者にとっては最高の演武場である。そして、ここはエネルギー原盤のデータ収集用の実験場としても適している。
溟海戦守
佳節の煌びやかな光が届かないところで、謎の魔物「跋掣」が不穏な動きを見せている。「跋掣」は孤雲閣の海の下に潜み、海灯祭の灯りを密かに見ながら、大規模な侵攻を企んでいるようだ。この潜みし脅威を取り除くためにも「跋掣」の隠れ処へと侵入し、海灯祭で賑わう璃月港を守ろう。
鬼斧神工
璃月の郊外で、冒険者協会がとある奇妙な秘境を発見した。この秘境の内部構造は、人の心によって変化するようだ。
冒険者協会の依頼を受けて、旅人はこの秘境の調査を始めた…
映射の研究所
層岩巨淵の外側に、振晶映射を研究するために作られた空間があり、両側に振晶が置かれている。振晶の間の反応を通じて、実験場の環境に影響を与えることができる。
Quest Domains
失われたアルカディア
風魔龍モンド初戦
「業障」の気配がする洞天
「邪気」に染まった魔物がここに集まっている。魈によると、その異変はまさに魈を纏う「業障」仕業だ…
曲径通幽の処
壺の中の天地
仙府を訪れる
留雲借風真君が造った洞天、真君は一人が好きのため、常に封鎖状態になっている。寝室を片付けないのは浮世の習い、本当に入る?
「おもちゃ研究所」に入る
テウセルと「おもちゃ研究所」を見る約束をしていたが…
一番難しいのは、強大な敵との戦闘ではなく、子供時代の思い出を守ることだった。
仙府を訪れる
留雲借風真君が造った洞天、真君は一人が好きのため、常に封鎖状態になっている。寝室を片付けないのは浮世の習い、本当に入る?
再びの偏走
ノートを見た七七は、なぜか勝手に遺跡の中に走っていった。
遺跡の中は危険だ。七七を追って彼女の安全を確保しよう。
塩の中の謎
封印がやっと解けた今、「塩の魔神」の遺物と物語はすぐそこの奥に。
一人一人違う目的を抱きながら、一行は先へと進む…
「境界」に辿り着く
準備万端、もうすぐ胡桃の案内で「境界」に踏み込む。
胡桃の話を肝に銘じてほしい。何に出遭っても、驚かないように。
「アビス」の誘惑
「アビス」の発する不吉な気配は、愚か者と勇敢なる者を招く。
訪れた理由は何であろうと、新たな運命の糸は既に織られていた。
「アビス」の誘惑
「アビス」の発する不吉な気配は、愚か者と勇敢なる者を招く。
訪れた理由は何であろうと、新たな運命の糸は既に織られていた。
塩の中の謎
この布陣中央にある空井を上手く利用すれば、魔物をより効果的に防ぐことができるかもしれない…
敵陣突入
シューベルトの信頼を得た後、彼は「遠方から来た友」に会わせてくれるらしい。
ファデュイはここに身を隠しているかもしれない。万全の準備を整えて、調べてみよう。
「伏龍の木」の底
南天門の古樹の底に不思議な未知の通路がある。古き秘密は道の終わりに埋まっていた…
「黄金屋」に入る
Not Open Yet(test)
隠し通路の入り口
町奉行所の囚人を拘束する場所。厳重な見張りに加えて、脱走を阻止するための重厚な仕掛けが施されている。
山に隠されし処
一平の提供した情報に基づき、あなたは鷹司家の隠れた場所を見つけた。
天領奉行は揺れ動いていて、九条鎌治は未だに戻っていない。ここで一体何があったのか、知ることがまだできない…
山に隠されし処
??????
機巧陣界
この布陣では、魔物は一つの方向から襲ってくる。勝利を獲得するためには、布陣を観察し、敵の進行ルートを見極める必要がある。
鳴神島·天守
雷電将軍の座す場所。予想が外れていなければ…再び「淑女」と会うことになるだろう。
邪眼工場
「邪眼」が稲妻で恣意的に流通するのを放っておいてはいけない。
「邪眼」がこれ以上の被害を出すのを見て見ぬふりはできない。
浮浪人の隠れ処
荒瀧一斗と共に追撃した結果、浪人の隠れ場所に辿り着いた。
赤鬼と青鬼の間の誤解を解くには、目の前にある障害を乗り越えなければならない。
秘境入口
???(test)
鳴海栖霞洞天
鳴海栖霞真君が作った洞天。長いこと放置されていたことにより荒れ果てているが、侵入者を防ぐために仕掛けられた数多の装置は、今もまだ仙人の力によって動いている。
降霊密室に入る
八重神子が選定した降霊地点。降霊の成功率が最も高い場所として街中に広がっている。
秘境入口
元素の粉を辿ると、荒涼とした海崖の端に佇む孤独な廃屋があった。扉の隙間から僅かに見えるのは、地下へと繋がる秘密の扉。ここはおそらく、ファデュイが潜む秘密の拠点だろう。
溟海戦守
「渦の余威」跋掣が重傷を負った後に逃げ込んだ場所。このような危険に満ちた環境では、細心の注意を払わなければならない。

Leave a Reply

Your e-mail address will not be published.